カードローンの返済が困難になると


カードローンの返済が困難になり、返済期日に遅れてしまうと遅延損害金を請求されることがあります。

遅延損害金はカードローンにもよりますが20%くらいと、通常の利息より高めに設定されていることが多いです。

通常の利息と同様に日割計算で、遅れている日数分だけ加算されていくので、遅れた時はできるだけ早めに返済されたほうがいいです。

カードローンによっては返済に困ったらご連絡すると親身になって相談に乗ってくれることがあります。

関連記事


カードローンの返済は自動引き落としで

カードローンの返済方法に口座からの自動引き落としがあります。 インターネットで手続きすることなく、わざわざATMまで出かけることなく、返済作業を自動にすること...


カードローンの借り換えを行う

カードローンを利用したとしても、そのカードローンに不満があれば他の会社のサービスに借り換えることが出来ます。 これにはいくつかのメリットがあるのですが、最も大...