カードローンの借り換えを行う


カードローンを利用したとしても、そのカードローンに不満があれば他の会社のサービスに借り換えることが出来ます。

これにはいくつかのメリットがあるのですが、最も大きなメリットは実質的な借金を減らすことが出来る点にあります。

高い金利のサービスから低い金利のサービスに借り換えることが出来れば、金利の分だけ借金を減らすことが出来ますし、複数の会社からお金を借りていたときには手数料を減らすことも出来ます。

借り換えには多くのメリットがあるのです。



民間の住宅ローン




銀行などの金融機関が扱う「民間の住宅ローン」では、購入物件の価値、個人の返済能力などによって融資額が決まります。
「民間の住宅ローン」では、借りる時の「団体信用生命保険料」が、かからないことがあります。「ローン保証料」や「繰り上げ返済手数料」が不要な住宅ローンもあります。
「団体信用生命保険」は、借りた人が死亡した場合などに保険金でその住宅ローンを完済し、家族の返済を免除するための保険です。「ローン保証料」は返済が滞った時に備えて、保証会社に支払うお金です。「繰り上げ返済手数料」は住宅ローンの返済途中でまとまった金額を繰り上げ返済する時の手数料です。この手数料は金利や金額によって異なります。
「民間の住宅ローン」の利用を検討する際はこのような費用についても確認が必要です。住宅ローン借り換え銀行





住宅ローンの金利タイプの選び方






住宅ローンの金利タイプは、どのタイプが良いということは一概には決められません。
住宅ローン借り換えランキング
その理由は、金融機関によって金利の設定がさまざまだからです。極端な例になりますが、A銀行では変動金利が1.0%、固定金利が3.0%となっていて、B銀行では変動金利が1.5%、固定金利が1.7%となっていたら、A銀行では変動金利を選び、B銀行では固定金利を選ぶというように、選び方は変わってきますね。

銀行によっては変動金利で優遇金利が適用されることもあり、固定金利よりもかなりお得になっていることもあります。一般的には、固定金利のほうがおすすめがされていますが、銀行によってサービス内容はさまざまなので、変動金利のほうがおすすめできる場合もあります。

また、変動金利ではリスクも高いですが、少なくとも最初の数年間は低い金利が適用されるので、元本を大きく減らせるということがメリットです。繰り上げ返済を積極的に行える人は、将来に金利が上昇しても、変動金利のほうが総合的にメリットがあるというケースもあります。





民間企業の会社員の場合勤務年数が短い場合






サラリーマンの人なら入社してすぐなとき、審査が通らないという話が多いようですが、公務員や大企業の場合では勤務期間が短い場合でもカードローンが作れたりします。消費者金融系だと法令によって、借入額が50万円以上または合計100万円を超える借り入れのとき、源泉徴収票などの所得証明書の添付が必要となるので審査も難しくなります。借り入れを利用するときはまずは融資額と毎月の収支に気をかけながらおおよその返済計画を立ててみてください。カードローンを活用していて、複数の業者からのカードローンやキャッシングを使っている状態になると返済する貸金業者が数社になって返済予定の管理が困難になります。借入額と今までの返済額、また毎月の返済額と今の融資残高をリストにして管理しておくことがいいですよ。
プロミスで審査落ちしないための対策
消費者ローンを借りるときは審査が甘い10万円くらいから利用する人がほとんどでしょう。


関連記事


AX