カードローンの借り換えを行う

カードローンを利用したとしても、そのカードローンに不満があれば他の会社のサービスに借り換えることが出来ます。

これにはいくつかのメリットがあるのですが、最も大きなメリットは実質的な借金を減らすことが出来る点にあります。

高い金利のサービスから低い金利のサービスに借り換えることが出来れば、金利の分だけ借金を減らすことが出来ますし、複数の会社からお金を借りていたときには手数料を減らすことも出来ます。

借り換えには多くのメリットがあるのです。



カードローンの利息は



カードローンに申し込まれると必ず審査が行われ、その審査に通過しないとお金を借りることはできないです。

カードローンの審査では他社からの借り入れを聞かれることがあります。

借り入れ総額よりも借入件数を重視していると言われており、あまり借入件数が多い方は審査落ちしやすくなります。

3社くらいまでなら大丈夫なことが多く、5社以上になると審査が厳しくなると言われています。

心当たりがある方は借入件数を減らしてからカードローンの審査を受けられたほうが良いです。

http://www.femasam.org/





カードローンの利息は



カードローンは借りたお金が多いほど、借りた期間が長いほど、金利が高いほど利息のお支払が増えます。

利息の付き方は日割計算であることが多く、ご利用した日数分だけです。

なるべく金利が低いカードローンを選んでお申込みし、なるべく目的以上にお金を借りないようにし、なるべく早く返済されたほうがお得です。

返済期日のお約束が守られないとペナルティーとして遅延損害金が発生することがあるので、無理のない計画を立てることが大切です。





カードローンの返済が困難になると



カードローンの返済が困難になり、返済期日に遅れてしまうと遅延損害金を請求されることがあります。

遅延損害金はカードローンにもよりますが20%くらいと、通常の利息より高めに設定されていることが多いです。

通常の利息と同様に日割計算で、遅れている日数分だけ加算されていくので、遅れた時はできるだけ早めに返済されたほうがいいです。

カードローンによっては返済に困ったらご連絡すると親身になって相談に乗ってくれることがあります。





カードローンの返済は自動引き落としで



カードローンの返済方法に口座からの自動引き落としがあります。

インターネットで手続きすることなく、わざわざATMまで出かけることなく、返済作業を自動にすることができます。

うっかり返済期日を忘れて遅延損害金が発生してしまうといったこともないです。

その代わりに自動引き落としされる前までに返済に必要な金額が入金されていないと、引き落としが出来ないと連絡が来てしまいます。

そのときはお給料が振り込まれる口座にしておけば、うっかり入金忘れも防止することができます。

前の記事